プロテオグリカン原液 使い方

MENU

プロテオグリカン原液の使い方は?

「最近肌にハリがなくシワが目立つ」「酷い乾燥肌に悩んでいる」という方も多いと思います。
そんな方にオススメなのが、プロテオグリカンです。

 

プロテオグリカンとはたんぱく質の1種で、動物の皮膚や軟骨に存在します。
プロテオグリカンの特徴のひとつが保水力にあります。
美容成分として有名なヒアルロン酸と並ぶ保水力があるため、肌の乾燥やシワなどに効果があります。
また、動物の軟骨に存在するプロテオグリカンは弾力性やクッション性があるので、重力や加齢によってたるんだ肌にハリを取り戻す効果もあります。

 

100%の「原液」がポイント♪

プロテオグリカンをスキンケアに取り入れる場合は原液100%のものを使いましょう。
原液100%と表記されていないものは、プロテオグリカンが薄められているのでプロテオグリカンの効果を100%実感することができません。
なので、プロテオグリカン100%と表記されているものを美容液の代わりに使ったり、導入液として使うことで肌のハリを取り戻してくれます。

 

洗顔後に導入液として使うのがおすすめ!


プロテオグリカンの美容効果と化粧水の美容効果をしっかり感じたい方にオススメの使用方法があります。
それは、化粧水をつける前にプロテオグリカンを肌に塗る方法です。
化粧水の前にプロテオグリカンの原液をつけることで、肌にプロテオグリカンの成分を一番に浸透させることができますし、その後に使用する化粧水の浸透力も上がります。

 

そして、プロテオグリカンを使うときに1つだけ気を付けてほしいことがあります。
それは、プロテオグリカンを使用する時は乳液やフェイスクリームをつける前にするということです。

 

乳液やフェイスクリームは肌に蓋をする効果があるので、乳液やフェイスクリームの後にプロテオグリカンを使用してもプロテオグリカンの成分は肌に浸透しません。
なので、プロテオグリカンを導入液として使った後に乳液やフェイスクリームを塗るようにしましょう。
プロテオグリカンのあとに乳液やフェイスクリームを使うと、プロテオグリカンの成分が蒸発しないように蓋をしてくれますよ。

 

まとめ

プロテオグリカンは保水力と弾力性が高い美容成分の1つです。
健康食品や化粧品として使われていますが、化粧品としてプロテオグリカンを取り入れる場合は化粧水の前に使う導入液としてプロテオグリカンを肌につけるのがオススメです。

 

導入液としてプロテオグリカンを使用すると、肌に弾力を与え乾燥を防ぐだけではなく、化粧水をしっかり肌に浸透させる効果もあります。
肌が乾燥している方やハリのなさに悩んでいる方はプロテオグリカンをスキンケアに取り入れてみるのもいいかもしれません^^

 

フラコラのプロテオグリカン原液を1ヵ月使ったレビュー(トップページ)>>